仙台ぐらし

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

勝ち試合を落としては... (7月16日 千葉ロッテ×東北楽天@ZOZOマリン 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20180717100815j:image

夏フェスムードのマリンスタジアム。フェスには行ったことないけれど。

 

f:id:giant_killing:20180717100840j:image

楽天戦を観るために、仙台からはるばる千葉へ。

3塁側内野B指定の通路席を押さえた。

 

f:id:giant_killing:20180717100828j:image

お目当てのサマーユニホーム。紺色を基調としたアロハシャツという出で立ちで、なかなか格好いい。

昨年の西武ライオンズの「炎獅子」よろしく、このユニホームが躍進のきっかけになれば…と、この時は思っていた。

 

f:id:giant_killing:20180821110326j:plain

 スタメンはご覧の通り。

 

f:id:giant_killing:20180821110521j:plain

f:id:giant_killing:20180821110512j:plain

 則本昂大涌井秀章、「本格派右腕」同士の投げ合い。

 

f:id:giant_killing:20180821110622j:plain

"主砲"の井上のホームランで先制。シーズン30本も夢ではない。

 

f:id:giant_killing:20180821110853j:plain

その後同点に追いつかれたが、8回裏に角中のタイムリーで勝ち越し。

さあ、あとは内が抑えて逃げ切るだけ。

 

f:id:giant_killing:20180821111032j:plain

9回表に待っていたのは悪夢だった...。

代打の枡田にソロホームランを浴びる。ふらふら~っと上がった打球がレフトポール際に吸い込まれてしまった。

 

3連休の最終日に延長戦とは迷惑千万な展開。

しかも10回表に益田が失点。

 

f:id:giant_killing:20180821111529j:plain

f:id:giant_killing:20180821111538j:plain

10回裏、代打の福浦が2ベースヒットで出塁。

フクメーター更新で球場のボルテージが一気に上がり、逆転サヨナラへの機運が高まる。

 

f:id:giant_killing:20180821111740j:plain

バントができない三木、最後は盗塁失敗というお寒いゲームセット。

三木よ、控え野手の立場でバントすらできないのは厳しいよ。自分の立ち位置を分かっているのか。

 

結局、最下位の楽天相手に3タテを食らってしまった。

CS圏内争いに向け、この取りこぼしが響かなければいいが...。

 

レース回顧 STV賞・阿蘇S・新潟日報賞

adayinthelife.hateblo.jp

 

STV

1着:◎ハッピーグリン

2着:-ユアスイスイ

3着:△ニシノカブケ

 

ユアスイスイがマイペースの大逃げを見せた。それをモノとのせずに差し切ったハッピーグリンは強い。マイルなら重賞級。秋が楽しみ。

馬券はユアスイスイを切ってしまいハズレ。札幌1500mは1200mからの転戦組にも注意を払わないと。

 

阿蘇

1着:◎コパノチャーリ―

2着:ーエポック

3着:▲ジュンヴァルカン

 

少頭数を嫌って馬券はパス。

外枠からコパノチャーリーがハナを奪いスローに落とす。2番手エポックとの「行った行った」の決着。

コパノは展開に注文が付くタイプだけに重賞ではどうか。エポックも展開に恵まれたクチ。次走以降買いたいかと言われると...。

 

新潟日報賞

1着:△アドマイヤリアル

2着:△ショウナンライズ

3着:-ネオスターダム

 

今年も逃げ馬が勝利。東スポの虎石TM、お見事。

小倉と同じく「行った行った」の決着となったが、こちらは最初の600mが34秒6、スローではない。

アドマイヤは上で即通用とは言えないが、展開に恵まれればOP特別で馬券内はあっても。

ヴゼットジョリーは好位に取り付いたものの、終始掛かりっぱなしで大敗。最内枠で乗り難しい部分が出てしまったか。

 

f:id:giant_killing:20180815204546j:image

先週末はお盆休みで千葉の実家へ。日曜日は中山競馬場で馬券勝負。

「耕一路」のモカソフトを食べた直後、新潟9レースの馬単をゲット。

この日は配当に恵まれなかった。札幌メインのエルムS、ロンドンタウンが3着に残していれば3連複の配当が3倍だった。前述の新潟9レースも「危険な人気馬」のモアナが競走除外で、オッズがガクッと下がってしまい...。

ただ、1日中馬券を買っても当たらない「底」の状態は脱した。あとは馬単3連複3連単万馬券を引っかけられれば。

 

レース予想 STV賞・阿蘇S・新潟日報賞

久しぶりにレース予想をする。

夏競馬は絶不調。ここらで調子を取り戻したいが...

 

STV賞(A)

◎ハッピーグリン

○スカルバン

▲シグナライズ

△ニシノカブケ

 

前走、現級で連対した馬は不在。やや低調な組み合わせ。

ならば、2戦連続でOP特別掲示板のハッピーグリンの実力が一枚抜けている。鞍上にルメールJを配して必勝態勢。

相手は同コースの500万を勝ったスカルバンで大丈夫だろう。

 

阿蘇S(C)

◎コパノチャーリ―

○タムロミラク

▲ジュンヴァルカン

△メイプルブラザー

 

少頭数のさみしいメンバー。

ムラ駆けで安定しないタイプだが、コパノチャーリ―の単騎逃げ切りに期待する。同型不在で今回は展開に恵まれそう。連覇へ。

小倉コースで良績を残すタムロミラクル、和田Jへのテン乗りがプラスに出そうなジュンヴァルカンが強敵。

 

新潟日報賞(B)

ヴゼットジョリー

○アンブロジオ

▲キョウワゼノビア

エスティタート

△アドマイヤリアル

△ディバインコード

△ショウナンライズ

 

過去3年は逃げ馬が勝利。

先行馬が少なく、展開利は今年も前に行く馬にある。

ヴゼットジョリーの前走(月岡温泉特別)は好メンバーがそろったが、2番手から32秒台の脚を繰り出して押し切った。

元々、新潟2歳Sの勝ち馬。2戦2勝の新潟コースならば、55.5㌔のハンデを背負っても準オープンを勝ち切れるのでは。

相手筆頭は東京コースの同距離で1000万下を勝った2頭。どちらも好位から競馬ができる。

押さえにも先行タイプを買う。

 

千葉市民に戻る日(8月3日 東北楽天×千葉ロッテ@楽天生命パーク 観戦レポ)

まさかのサヨナラ負けに1イニング10失点、守護神が2軍送りなど、明るい話題が何一つないマリーンズ。

 

f:id:giant_killing:20180803235320j:plain

正直なところ、惨憺たる試合が続きマリーンズへの気持ちが萎えてしまったが、せっかく前売りチケットを買ったのだからと、原稿書きを程々で切り上げて自転車で球場へ。

 

f:id:giant_killing:20180806220155j:plain

楽天生命パーク!

内野で最も安い指定席(B席、2500円)から。眺めはマリンのOA指定?に似ている。

 

adayinthelife.hateblo.jp

この球場にはロクな思い出がないが、夏の野球場は気持ちいい。

そういえば、5月に来たときはあまりの寒さに震えていたっけ。

 

晴れた空の下、マリーンズの練習を眺める。

 

f:id:giant_killing:20180803235427j:plain

藤岡貴裕との交換トレードでマリーンズへやってきた岡大海

スラっとした長身で、モデルと見まがうようなシルエット。サマーユニホームが映える。ただ、顔はその辺の会社の営業職にいそうな感じ。

加入後即スタメンに抜てき。結果こそ出ていないが、これまでの外野陣にはなかったスケールの大きさを感じる。マリーンズの指導でモノになるかは未知数だが...。

 

f:id:giant_killing:20180803235447j:plain

ライトスタンド前では先発の二木がキャッチボール。

彼の先発試合を観るのは久しぶり。ゆったりとしたピッチングフォームが大好き。

前回登板は好投を見せたが、守護神の乱調で白星を逃した。今度こそ、の気持ちだろう。

 

f:id:giant_killing:20180803235439j:plain

スタメンはご覧の通り。

何気に伊志嶺が打撃好調、守備(特に肩)に難ありだけにDH起用もやむなしか。

 

f:id:giant_killing:20180806234722j:plain

f:id:giant_killing:20180803235500j:plain

ペゲーロがライトの守備について試合開始。

 

f:id:giant_killing:20180806222816j:plain

イーグルスの先発は左腕の塩見。立ち上がりから上々。

 

f:id:giant_killing:20180806222928j:plain

初回、伊志嶺のショートへの当たりを巡っていきなりリクエスト(結果はアウト)。

平石監督が四角形を描けば、負けじと井口監督も...。この試合では合わせて6回のリクエストがあった。ビデオ検証の度に試合の流れが寸断されて、選手(特にピッチャー)は集中力の維持が大変そう。

リクエスト映像が放映されるときのBGM、聴いたことはあるが曲名が出てこない...

 

f:id:giant_killing:20180806224345j:plain

対する二木、抜群のピッチング。

「8時過ぎに試合終わるのでは?」という超ハイペースの投手戦が繰り広げられる。

 

f:id:giant_killing:20180806230133j:plain

イーグルスファンは「推し」の選手が打席に立つとタオルを掲げる。

エメラルドグリーンにピンク、ウィーラーのタオルは東北新幹線のE5系を連想させる。もしかして鉄道ファン?

 

f:id:giant_killing:20180806234518j:plain

ビール半額のおかげで満員御礼。

下戸の自分にはまったく恩恵のないイベント、どうせならチケットを半額にしてくれないものか。この球場のチケット代は高い。

 

f:id:giant_killing:20180806234717j:image

隣の楽天ファンのおばちゃん2人組と仲良くなり、おつまみ昆布や柿の種を分けてもらう。

どうやらサマーユニホーム姿の自分を、楽天ファンだと勘違いしていたらしい。

「あなた変な応援しているなぁと思ったら、敵なのね(笑)」


f:id:giant_killing:20180806234711j:image
5回裏には花火の打ち上げ。規模はマリンよりもしょぼい。

それにしても、鳴り物応援禁止の球場で花火はいささかおかしいような...。

 

f:id:giant_killing:20180806235813j:plain

花火効果なのか、先制したのはマリーンズ。

7回表、伊志嶺の2ベースを皮切りに藤岡が送りバント、中村の内野ゴロの間に1点を入れる。

井口監督、1点勝負と読んだのだろうか。

 

ただ、その裏に二木が乱れる。

先頭の島内を歩かせて、今江に2塁打を浴びてノーアウト2、3塁。なぜかこの回からボール先行の窮屈なピッチングになってしまう。

続く銀次にライトへの2点タイムリーを浴びて逆転を許す。隣のおばちゃんは狂喜乱舞...と思いきや、2人目のホーム突入はリクエストへ。

ビデオ検証の結果...判定が覆りアウト!今江の演技力、仙台では通用せず。

ウィーラーをゲッツーに仕留めて、なんとか同点止まりで切り抜けた。

 

f:id:giant_killing:20180807000650j:plain

平沢大河のファインプレー!ここで勝ち越しを許さなかったのは本当に大きかった。

地元・仙台育英高出身、イーグルスファンからも拍手を浴びていた。

 

二木は明らかに疲れが見える状態だったが、リリーフ陣が火の車とあってか8回も続投。再び先頭を歩かせてヒヤヒヤしたものの、なんとか無失点抑える。

 

f:id:giant_killing:20180807001251j:plain

9回表、2アウト満塁で迎えるは主砲・井上晴哉

逆転、二木に白星を付ける大チャンス、ライトスタンドからはチャンステーマ!

あえなくピッチャーゴロ。その前の甘いスライダーを仕留めきれずファールにしたのが痛かった。

この時点で8割方、サヨナラ負けを覚悟した。

 

f:id:giant_killing:20180807001622j:plain

9回裏は松永へスイッチ。

勝ちこそ付かなかったものの、二木はナイスピッチング!昨年までの輝きが戻ってきた。

松永はイーグルスの上位打線をきっちりと抑える。延長戦へ。

 

f:id:giant_killing:20180807001752j:plain

10回表、1アウト1塁で岡がショートゴロ。6-4-3でチェンジ...と思いきや、なんと茂木栄五郎が後逸!

1、3塁から田村がきっちりと犠牲フライで勝ち越し!さあ、あとはリードを守るだけ。

 

f:id:giant_killing:20180807002014j:plain

10回裏は益田が登板。

先頭のウィーラーにセンター前へ運ばれてしまう。益田、仙台、サヨナラ...嫌な思い出が蘇る。

1塁へ執拗な牽制球。なんと、代走の島井をタッチアウト!このプレーは大きかった。

一発がある枡田とペゲーロを抑え、ゲームセット。

 

f:id:giant_killing:20180807002536j:plain

勝った、勝った、仙台で勝った!!

初めて観る、仙台での勝利。益田がペゲーロを空振り三振に仕留めた瞬間、ジーンとこみ上げるものがあった。

周囲はイーグルスファンだらけで完全アウェイ状態、応援にも燃えるものがある。

 

今年4月から千葉を離れて仙台暮らしを始めた。

仙台の街を気に入ってはいるが野球だけは別。マリーンズを応援するときは心が千葉市民に戻る。

チームにとっても悪い流れを止める大きな1勝だったが、自分にとっても価値ある勝利。いやぁ、良かった。

 

田村のヒーローインタビューを聴いてから球場を後に。

来週の同カードは予定合わず。9月の仙台最終戦には行く予定。

 

函館競馬 旅打ち 8 さらば、函館

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

 

函館駅前で夕食を買ってから「はこだてライナー」に乗って新函館北斗へ。

予定より1本早い列車で来てしまったため、新函館北斗で1時間弱の待ち時間。とりあえず駅構内をうろつく...が、売店以外に目ぼしいものはない。

 

f:id:giant_killing:20180724212742j:image

はやぶさ42号は新函館北斗の時点で結構な混雑ぶり。

3列席の窓際を取ったが、隣には中国人の姉妹(D席にお父さん)。ジャパンレールパスで東京まで戻るみたいだ。4時間新幹線に乗るのはキツいと思うけどなぁ。


f:id:giant_killing:20180724212750j:image

函館で仕入れた夕食を、車窓に広がる夕空と津軽海峡を見ながらいただく。

ハセガワストアのやきとり弁当と、ラッキーピエロのチャイニーズチキン(単品)。新幹線の車内でも函館の余韻に浸る。


f:id:giant_killing:20180724212756j:image

名前は"やきとり"だが、豚肉のネギマ串が3本載る北海道スタイル。

タレ味の肉とのり弁は間違いのない味。出来たてから時間がたっても美味しい。

近所でもこれが売っていたら、しょっちゅう世話になるだろうな。

 

競馬(馬券)では散々な目に遭った今回の函館旅行。

だが、函館という街は気に入った。温泉、食べ物、景色...どれを取っても素晴らしい。

平日は温泉巡りや街歩きを楽しんで、休日には競馬場。老後は函館で過ごそう。

(まだ30年あるけれど)

 

来年は、札幌競馬と日ハム戦(頼むから8月の週末にロッテ戦を組んでくれ!)セットの旅行を計画中。次の函館訪問は再来年になるかな。

 

おわり。

函館競馬 旅打ち 7 カミナリとレイエンダ

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

 

f:id:giant_killing:20180728224139j:image

最終日の朝も海鮮丼からスタート。

たらふく食べて苦しくなり、部屋でひと休みしてから競馬場に向かう。

2泊3日、ラビスタ函館ベイに大満足。また泊まりたい。

 

f:id:giant_killing:20180724212700j:image

開催最終日の函館競馬場に到着。今年最後、いや、平成最後の函館開催だ。

到着時にはすでに3レースが終了していた。この日は指定席が取れなかったため下で観戦。

スタンドの一般席は全て埋まっている。仙台から持参したレジャーシートを敷いてゴール前の芝生に陣取る。

 

f:id:giant_killing:20180724212657j:plain

来場ポイントを付けたら4等が当たった。5等以外の賞品をもらうのは初めて。

ラインアップからキタサンブラックのIDカードケースを選んだが、使い道が見つからない...。


f:id:giant_killing:20180724212704j:image

昼休みにはお笑いコンビ「カミナリ」のライブがあった。

カミナリといえば、まだ知名度が低かったころにラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」へ出演したときが印象深い。夜中に腹を抱えて笑った。

あの強烈などつき漫才を生で観られた。思い返せば、この日は彼らの時間が最も楽しかった...。

たくみくんには、今年のダービー優勝騎手に「おめえ、そういえばいつも直線で詰まってんな!」と突っ込んでほしい。

 

f:id:giant_killing:20180724212712p:plain

馬券は絶不調。全然当たらない。

函館8レースは◎→▲→☆で入ったにもかかわらず払戻0円。

◎は実力が一枚抜けておりアタマ固定。○は追い込み、▲は逃げ残りを期待して「3着固定」の3連単を買ったが...。丹内、地元だからって頑張りすぎ。

160倍を逃したのは痛い。ルメールがもう少し垂れていたら500倍オーバーだったのに...。欲張らずに馬単でも76倍か。

 

f:id:giant_killing:20180724212708j:plain

函館10レースには、昨年のダービー馬レイデオロの弟・レイエンダが登場。

好位から余裕綽々の完勝、単勝1.4倍の圧倒的支持に応えて無傷の3連勝を飾った。

次走はセントライト記念とのこと。重賞でも好勝負は間違いない。

 

3場メインでは「3タテ」を食らう。

さわやかな風の中、高らかに北海道の重賞ファンファーレが鳴り響いた函館2歳S。夏競馬を耳で楽しむ。

本命のアスターペガサスが出遅れをモノともせずに差し切り勝ちを収めたが、2着のラブミーファインは無印。前走1800mの馬を函館2歳Sで買えるかよ...。

 

f:id:giant_killing:20180729223924j:plain

最終レースをやる元気(とお金)がなく、少し早めに函館駅に戻る。

さらば、函館競馬場

 

つづく。

函館競馬 旅打ち 6 吉田商店のスープカレー

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

 

最終レースまで観てからホテルに戻る。ひとっ風呂浴びてから夕食へ。

普段カレーはあまり食べないが、北海道名物のスープカレーは大好物。

 

f:id:giant_killing:20180724212603j:image

市電の千歳町駅近くの「吉田商店」へ。

5~6年前、武幸四郎騎手(現・調教師)が「函館でスープカレーを食うなら吉田商店」と、テレビ番組(たしか武豊TV)で言っていた。

競馬開催時の土曜夜ということもあり行列を覚悟していたが、店内には私のほかに数人だけ。

カウンターに座り、明日の競馬エイトを読みながら出来上がりを待つ。


f:id:giant_killing:20180724212553j:image

やわらかチキンレッグカレー(930円)+3辛(50円)

スープはさっぱり。スパイスが効いて実に美味い。

メインの骨付きチキンレッグはまるまる1本。ジューシーでボリューム満点。具をどれにするか迷ったが、メニューに1番人気と書かれていたチキンを選んで大正解だった。

 

ほぐしたチキンを白飯にのせ、その上からスープをかけて食べるのはまさに至福。たまらず白飯をおかわり。

いやぁ、スープカレー最高。仙台でも専門店を探そう。


f:id:giant_killing:20180724212556j:image

スープカレーで汗を流してホテルに戻る。

夜の市電には幻想的な雰囲気がある。まるで映画のワンシーンのよう。

 

f:id:giant_killing:20180727214330j:image

市電の車内に貼ってあった注意書き。

「煙草をのむ」の表現に歴史を感じる。いいねぇ。


f:id:giant_killing:20180724212600j:image

ホテルで「アド街ック天国」を観る。

北海道にはテレビ東京系列局(TVh)があるため、仙台では映らない「アド街」を観ることができる。うらやましい。

今回の街は立川。北海道の人が立川のおすすめスポットを紹介されたところで「?」だとは思うが。

 

再び風呂とアイスに癒されてから寝る。

 

つづく。