仙台ぐらし

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

お疲れさま、根元俊一(10月7日 千葉ロッテ×福岡ソフトバンク@ZOZOマリン 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20181106224624j:image

白熱する試合も「バカヤロー!」と叫びたくなる試合(こっちが多かったかな)もあった2018年のマリンスタジアム。今年最後の球場観戦はOA席から。ここに陣取るのは実は今季初。

この日は東京競馬場毎日王冠を観てから急いで駆け付けたが、試合開始10分前にギリギリ間に合った。

ちなみに、毎日王冠は◎カツジの穴狙いでカスりもせず。

 

f:id:giant_killing:20181106231540j:plain

スタメンはご覧のとおり。本日の主役、根元俊一は7番レフト。

 

f:id:giant_killing:20181106231734j:plain

息子の始球式を後ろで見守るパパ。どんな気持ちなのだろうか。

 

f:id:giant_killing:20181106233123j:plain

根元の引退試合と本拠地での連敗ストップ。消化試合ではあるが、今日はなんとしても勝ちたい。

先発の二木に大きな期待がかかる。

 

f:id:giant_killing:20181106233423j:plain

「熱男~!!」

デスパイネも一緒にやっちゃってるよ...

二木、4回8失点の大炎上で試合をぶち壊す。

 

f:id:giant_killing:20181106224620j:plain

ホークスのワンサイドゲームを見ながら、東京競馬場ペッパーランチで買ってきたステーキ重を食べる。

通常1000円のものが、最終レース近くになると半額の500円で叩き売りされる。冷めても何故かやわらかい肉とステーキソースで間違いのない味。

 

f:id:giant_killing:20181106234826j:plain

f:id:giant_killing:20181106235229j:plain

根元の現役最後の打席はセカンドゴロ、同い年の川島慶三からボールを受け取る。

 

f:id:giant_killing:20181106235343j:plain

8回に申し訳程度の反撃をしてゲームセット。根元の引退セレモニーが無かったら間違いなく途中で帰っていた。

これがCSに出る(そして日本一になる)チームと最下位争いのチームとの差か。夏場まではほぼ互角の成績だったのに...なぜこうなった。

 

f:id:giant_killing:20181106235607j:plain

翌日もワンサイドゲームで負け、マリンでの連敗はなんと来季まで持ち越し。

ライトスタンドからブーイングが飛んでも仕方ない。ファンはこういう試合を見せられたときにこそ「バカヤロー!」と叫ばないと。

今年最後にこんな試合を観たくなかったよ。

 

f:id:giant_killing:20181123182821j:plain

 試合終了後に引退セレモニー。

まずは恒例のVTRから。デビュー当時の根元、若い!

あの頃、自分は中学生だった。

 

f:id:giant_killing:20181123182830j:plain

 続いてスピーチ。

「こんな成績の自分にセレモニーを開いてくださり...」

たしかに成績面では決して一流と言えないが、存在感のある選手だった。

 

f:id:giant_killing:20181123182834j:plain

井口監督から花束を受け取った後、球場を一周。

 

f:id:giant_killing:20181123183459j:plain

ラストは胴上げ。

 

f:id:giant_killing:20181123183626j:plain

お疲れさまでした。

これにて2018年の球場観戦は終了、また来年。

 

岩下くんのプロ初勝利はめでたいが...(10月5日 東北楽天×千葉ロッテ@楽天生命パーク 観戦レポ)

久しぶりの更新。

今年の観戦レポを仕上げなくては。

 

f:id:giant_killing:20181106220343j:image

9月の観戦時に購入した「満員御礼チケット」を球場正面のテントで引き換える。

券面の記載通り、1塁側/3塁側や通路側の希望は一切受け付けてくれない。まぁ、1000円ならそれでも良いか。


f:id:giant_killing:20181106220336j:image

開門直後に入場。あてがわれたのは3塁側A指定席の上段だった。

なかなかの良席だが、イーグルス側なので大人しく観戦するとしよう。

 

f:id:giant_killing:20181106221305j:plain

試合前の守備練習では安田くんが目の前に。

 

f:id:giant_killing:20181106221354j:plain

安田くんは5番DHで起用。

5位と6位の消化試合。気が付けばイーグルスがすぐ後ろまで迫っている。ここまで来たら最下位だけはなんとしても回避してほしいが...ある意味で負けられない戦い。

 

f:id:giant_killing:20181106221558j:plain

そんな試合で、期待のホープ岩下くんが6回無失点の好投を見せてくれた。

四死球も少なくプロ初先発ながら堂々とした内容。

 

f:id:giant_killing:20181106221733j:plain

10月の仙台は寒い。ただ、試合内容はもっと寒かった。

内野ゴロと相手のエラーで得た虎の子の2点を辛くも死守して勝ったが、なぜ勝てたのか首をかしげるレベル。

終盤はイーグルスの攻撃を防戦一方。9回裏にライト平沢のスーパーキャッチが無かったら、間違いなく延長ないしはサヨナラ負けを喫していた。勝ちに不思議の勝ちあり。

あっぱれなのはプロ初勝利をあげた岩下くんだけ。こんな試合をやっているようでは来年も厳しいよ。

 

f:id:giant_killing:20181106222225j:plain

とはいえ、仙台での現地観戦試合は3勝1敗で勝ち越した。

来年もこの球場に足を運ぶ機会は多くなりそう。好ゲームを期待したい。

 

三度目の正直(9月23日 東北楽天×千葉ロッテ@楽天生命パーク 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20180930235156j:plain

5位と6位の戦い、世間からは全く注目されていない試合をわざわざ観に行く。

ちょうど前日、福浦がマリンで2000本を達成。もしかしたら仙台で観られるかも...という期待を持っていたのだが。

(残り1本だったらマリンで達成のために温存していたかも?)

 

f:id:giant_killing:20180930234922j:plain

あらかじめチケットを買っておいたのは、千葉から両親が来ることになっていたため。

外野ライト・トリプルシートはクッション付きの椅子が3席並び、間には机が付いてなかなか快適。外野席だが飲みながら、食べながらの観戦に向いている。マリンの外野にもこういう席が欲しい。

斜め後ろにはマリーンズ応援団。我々の周辺にも黒いユニフォームを身にまとったファンがちらほらいる。この人たちは福浦目当てでチケットを予約していたのかな。

 

f:id:giant_killing:20180930235018j:plain

スタメンはご覧の通り。

福浦は登録抹消になり、代わってルーキーの安田が再び1軍へと上がってきた。6番・DHでいきなりスタメン。良いところを見せてほしい。

 

f:id:giant_killing:20180930235045j:plain

岡島豪郎がライトの守備に就いて試合開始。

当たり前だが、この席は右翼手の守備をチェックするのにはうってつけ。

 

f:id:giant_killing:20180930235049j:plain

f:id:giant_killing:20180930235051j:plain

岸と涌井の両先発。この顔合わせを観るのはちょうど1週間ぶり。

 

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

岸の試合を観るのがはこれが今シーズン3度目。

過去2戦では抑えられているが、最後になんとか一矢報いてほしいところ。

 

3回裏にウィーラーの2点タイムリーでイーグルスが先制。

かなりの強打者のイメージを持っているが、彼は2割5分程度しか売っていない。

ただ、ことマリーンズ戦に限ると4割近くの打率を誇る。いやぁ、困ったものだ。

 

f:id:giant_killing:20180930235101j:plain

このまま岸に抑えられて...というネガティブな考えをすぐさま払拭。

4回表に角中のタイムリーと相手のミスで同点に追いついた。

不調気味の角中がここで仕事をした。右中間のヒットはライトスタンドで観ると迫力あるね。

 

f:id:giant_killing:20180930235105j:plain

続く5回表、打った瞬間にそれと分かる中村の2ランHRで勝ち越し。

今シーズンは巧打と足で素晴らしいところを見せている。あとは長打が増えて、大ポカが無くなれば...

 

その裏にウィーラーに一発を浴びて1点差。ここはソロで良かったと捉えよう。

彼の前にランナーを溜めないことがイーグルスに勝つポイント。

 

f:id:giant_killing:20180930235108j:plain

この日は満員御礼だった。まさか5位と6位の消化試合でスタンドがぎっしり埋まるとは。

仙台のイーグルスファンは勝ち負け二の次で球場観戦を楽しんでいる感じがする。うーん、自分には理解できないな...。

 

f:id:giant_killing:20180930235059j:plain

 注目の安田は8回表にレフト前ヒット。その後、田村と藤岡の連打で追加点を挙げる。

 

f:id:giant_killing:20180930235116j:plain

9回表には平沢が地元で存在感を示すホームラン。

ライトスタンドへの一発、打球がすぐ近くまで迫ってきた。外野席観戦の醍醐味だね。

これで5点差。しかし、今のマリーンズに「セーフティーリード」という言葉はない。火の車リリーフで9回裏を誰が抑えるのか...。

 

f:id:giant_killing:20181002230317j:plain

涌井→唐川→益田とつなぎ、9回裏に登場したのはチェン。

チェンチェン問題なく、3人で片付けてゲームセット。

 

f:id:giant_killing:20180930235125j:plain

f:id:giant_killing:20180930235122j:plain

完勝!

 

f:id:giant_killing:20180930235127j:plain

ヒーローインタビューは中村だった。

 

三度目にしてやっと岸を攻略。やられっぱなしじゃ終われないよね。

この戦い方を夏場にやれていたら...というのは禁句かな。

 

レース回顧 セプテンバーS・大阪スポーツ杯

adayinthelife.hateblo.jp

 

◆セプテンバーS

1着:◎モズスーパーフレア

2着:△アドマイヤナイト

3着:△ナンヨーアミーコ

 

◎→△で馬単40倍をゲット。

スタートを決めてハナに行ったモズスーパーフレア。そのまま後続に3馬身半をつける圧勝劇で、時計はなんと1分7秒0!

世界のロードカナロアのレコードのわずか0.3差の好タイム。時計が出る馬場だったことを加味しても内容は濃い。来年の今頃はスプリンターズSに出ているのでは。

それにしても、モズスーパーフレアの人気は、単勝7~8倍でワンアフター、レーヴムーン、ナンヨーアミーコに次ぐ4番人気を想定していたが、最終的には3.8倍の2番人気。武豊Jの4000勝ブーストもあったにせよ、最近の競馬ファンは馬券が上手い。

 

大阪スポーツ

1着:○ヴェンジェンス

2着:-カネトシビバーチェ

3着:▲ヤマニンアンプリメ

(4着:◎コパノキッキング)

 

○▲の押さえのワイドを取ってなんとかトントン。

本命のコパノキッキングは出脚がひと息。芝スタートが良くないのかな。

道中で無理してハナを取りに行き、直線半ばで失速したのは仕方がない。結果論だが、1400mは少々長いのかも。次はデビュー戦で圧勝を決めた京都1200mで見たい。

ヴェンジェンスは外からモまれずに競馬できたことが最大の勝因。3馬身半差の圧勝は強かったが、オープンでも好走するには今回の条件がそろわないと...。

2、3着はハイペースに乗じて追い込んだクチ。次走も流れ次第だろう。

 

「リアル野球盤」の再現だ(9月18日 千葉ロッテ×福岡ソフトバンク@ZOZOマリン 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20180925003629j:plain

有休を取ってマリンスタジアムへ。内野自由席3塁側、バックネットの被らないお気に入りの場所を確保する。

この日の目的はTEAM26のポイント消化と福浦の2000本チェック。残すところあと3本、今の福浦に猛打賞を期待するのはさすがに厳しいか。

 

f:id:giant_killing:20180925003805j:plain

スタメンはご覧の通り。

藤岡を下げてショートで三木を起用。大事な場面でのバント失敗など、今年の三木の印象は最悪だが...。

打数が少ないにせよ、打率自体は結構高いのね。

 

f:id:giant_killing:20180925004518j:plain

井口、工藤両監督のメンバー表交換。

首位西武との天王山3連戦を全て落としてしまったソフトバンク。失意の千葉入りか。

対する井口監督は、来季への育成モードに頭の中を切り替えているだろう。

 

f:id:giant_killing:20180925004554j:plain

f:id:giant_killing:20180925004605j:plain

先発は有吉と東浜。

有吉はシーズン途中の先発転向後、本当によく頑張っている。彼の先発適性の高さが分かったのは今シーズンの明るい話題の一つ。

 

f:id:giant_killing:20180925003626j:plain

有吉のピッチングを見ながら、イオンで買ってきた海苔巻きを食べる。

鉄火、納豆、イカ明太。小腹を満たすにはちょうどいい。1本100円でコスパも高い。

 

f:id:giant_killing:20180925004634j:plain

2回表、井上のホームランでマリーンズが先制。逆方向への力強い一発。

これで21号、彼の成長こそが今シーズン最大の収穫では。

2割9分近くの打率を残している点も立派。来年には3割30本100打点...は欲張りすぎかな。

 

f:id:giant_killing:20180925004735j:plain

4回に鈴木大地のタイムリーで追加点を挙げ、今日はマリーンズが逃げ切り...とはいかない。

若鷹軍団が流れた直後の7回表、代打・福田が値千金の同点タイムリー。

♪ガッツ、ガッツ、ビバガッツ~のチャンステーマが発動すると必ず点が入る(そしてイニングが長い)のは気のせいか...?

 

f:id:giant_killing:20180925003618j:plain

f:id:giant_killing:20180925004748j:plain

ラッキー7で勝ち越し!といきたいところだが、ここで雨のため試合中断。

 

f:id:giant_killing:20180925003624j:plain

土砂降り。

傘を持たずに自転車で来てしまった。とりあえず屋根の下で雨脚が弱まるのを待つことに。

結局、30分以上の中断を挟んで試合再開。

(ここで試合を止めておけば...)

 

f:id:giant_killing:20180925224552j:plain

有吉は8回2失点のナイスピッチング。こういう投手に白星が付かないのが弱いチームの最たるところか。

9回は松永が登板。登場曲変えた?

この日はコントロールが今一つ。二つのフォアボールとヒットで1アウト満塁の大ピンチ。

 

f:id:giant_killing:20180925004758j:plain

ホークスベンチにはこの男が残っていた。代打・川島慶三

犠牲フライを打たれて勝ち越しを許す。

マリーンズとホークスでは代打の層が段違い。試合を決める場面できっちり犠牲フライを打てるバッター、今のマリーンズにいるか?

柳田や上林にばかり目が行きがちだが、川島のような「いやらしさ」を持った選手が陰で強いチームを支えている。

敵ながらあっぱれ、大地のタイムリーの直後にゲッツーでチャンスを潰した三木、聞いてるか?

続く牧原にタイムリーを浴びて2点差。貧打マリーンズには非常に重い点差。

 

f:id:giant_killing:20180925004808j:plain

当然、9回裏には守護神の森が登場。

先頭の中村がヒットで出塁。井上が三振の後、角中の打球はライトの頭上、フェンスに直撃!

よし、1アウト2,3塁!同点、サヨナラあるかも!!

...とテンションが上がった直後、なぜか2塁ベース上にいる中村を見て呆然。

1塁を回って2塁直前まで来ていた角中は慌てて戻るも、挟まれてタッチアウト。その隙に3塁へ向かった中村もアウトになり、「フェンス直撃ダブルプレー」という意味不明な形でゲームセット。

 

f:id:giant_killing:20180925230430j:plain

リアル野球盤か。呆れて言葉も出ない。

ライトスタンドからは大ブーイング。当たり前だ。ただでさえホークスとは戦力差があるのに、こんなお粗末なプレーをしていたら勝てる試合など一つもない。

2塁で止まっていた中村は何を考えていたのか。ライトフライだと思ったのならば1、2塁間にいるはず。

ただ、あの大飛球をライトが捕ると判断していたのだとしたら、それはそれでオカシイ。たまに洒落にならない大ポカをやらかすね、ショーゴは。

 

雨脚が弱まっていたのがせめてもの救い。自転車で帰りましたとさ。

今シーズンのマリン、あと1試合行きます。

 

レース予想 セプテンバーS・大阪スポーツ杯

明日は1日中自宅にいる予定。競馬を観つつ、マリーンズ戦もチェックしないと。

あと1本に迫った福浦の偉業達成の瞬間は拝みたい。

(こんな日に限ってBS中継は無し。DAZNさんの出番です...)

 

◆セプテンバーS

◎モズスーパーフレア

○ワンアフター

▲アッラサルーテ

△アドマイヤナイト

△レーヴムーン

△ナンヨーアミーコ

△カイザーメランジェ

△スペチアーレ

 

中山芝1200m戦にしては前に行く馬が少ない。展開利は先行馬にあり。

モズスーパーフレアは2走前(HTB杯)で、OP特別勝ちの実績があるディバインコードらを2番手抜け出しから完封。3走前(GⅢ・ファルコンS)には0.3秒差5着の好走を見せている。

11着大敗の前走はやや大事に乗りすぎたか。今回は武豊J起用で勝負気配を感じる。積極的な騎乗で2走前の再現だ。

同コースの準オープンで先行策から結果を残しているワンアフター、アッラサルーテが相手筆頭。

 

大阪スポーツ

◎コパノキッキング

ヴェンジェンス

▲ヤマニンアンプリメ

△マルカソレイユ

△スマートレイチェル

チェイスダウン

 

逃げたい馬は複数いるが、1000m戦でぶっち切りの圧勝を見せたコパノキッキングがスピードの違いでハナを切るだろう。

そのままコパノキッキングの押し切りに期待。

唯一、今回と同コースの500万下で敗戦を喫しているが、相手が後の重賞勝ち馬・グリムならば仕方ない。夏の2戦を見るとひと皮むけた感があり、距離延長でも準オープンはあっさり突破するのでは。

モマれ弱いヴェンジェンスが願ってもない外枠を引いた。コパノを追いかけると苦しくなるが、外めから好位追走の形ならば馬券内は堅い。

末脚鋭いヤマニンアンプリメも侮れない。

 

千葉の宝、福浦和也(9月16日 千葉ロッテ×東北楽天@ZOZOマリン 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20180918133618j:plain

3週間ぶりのマリン、仙台からイーグルス戦を観に来ました。

チケットは前売りで完売。

 

f:id:giant_killing:20180918133621j:plain

完売の理由&私のお目当てはコレ。

 

f:id:giant_killing:20180918133608j:plain

配布場所には長蛇の列。

試合開始1時間前に到着したが、Mサイズは既に配布終了。もともとLサイズをもらう予定の私はホッとした。これでTシャツが無かったら、なんのためにこの試合のチケットを取ったのか...

 

f:id:giant_killing:20180918133614j:plain

「福浦安打製造所」大創業祭のTシャツ&手ぬぐい、そしてフクメーターカードを無事ゲット。ヤフオクやメルカリでは、セットで数千円の値が付いている。

もちろん私は自分で使う予定。Tシャツは自宅用、手ぬぐいは銭湯へ行くときに持っていこうかね。

本当は福浦グッズ(キーホルダー)も仕入れたいところだったが、なんとショップには入場制限がかかっている!ここはディズニーランドか。

列に並んだら試合開始に間に合わないと判断して断念。ちなみに、試合中に足を運んだらキーホルダーは完売していた。ちくしょう。

 

f:id:giant_killing:20180918133606j:plain

1ヶ月前に押さえた3塁側S指定席の通路側から。

チケットを取ったときは「今年最後」のマリン参戦予定だったので奮発してしまった。

 

f:id:giant_killing:20180918141052j:plain

目の前ではマリーンズの選手が守備練習をしている。

鈴木大地ビューシート。

 

f:id:giant_killing:20180918141215j:plain

スタメンはご覧の通り。

楽天はタナ・オコ・アイランド。茂木栄五郎はどうした?

 

f:id:giant_killing:20180918141445j:plain

福浦は「8番・DH」で出場。

2000本まであと4。CS進出が絶望的ならば、達成まで1番で起用してもいいような...。

 

f:id:giant_killing:20180918141802j:plain

f:id:giant_killing:20180918141815j:plain

涌井秀章 VS 岸孝之、新旧のライオンズエース同士の投げ合い。

 

f:id:giant_killing:20180918142940j:plain

 岸といえば、2014年にここマリンでノーヒットノーランを達成している。この試合を生で観たのはちょっとした自慢。

達成直後に拍手をして、近くに座っていたおじさんに「マリーンズファンが拍手してんじゃねぇ!」とドヤされた話を某企業の最終面接で披露したら、なぜか通ってしまった。それが今の会社。

ある意味、岸は恩人かもしれない。

 

f:id:giant_killing:20180920221250j:plain

福浦の第1打席。スタンドからは割れんばかりの声援が送られる。

 

 

f:id:giant_killing:20180920220027j:plain

ノーアウト2塁の場面でライトへのタイムリーヒット!マリーンズ先制!

フクメーター更新。いよいよあと3本に迫った。

 

f:id:giant_killing:20180920220418j:plain

2000安打達成の機運を高めるべく、絶対に負けられない試合だが、4回表に涌井が捕まる。

島内とウィーラーに連打を浴びると、銀次の犠牲フライで同点。

ここで止めれば...という場面で、内田に痛恨の一発を打たれてしまった。

まだ2点差とはいえ、今のマリーンズはビハインドになってから「いける!」となれないのが現状。

 

f:id:giant_killing:20180920220812j:plain

スタンドはぎっしり。当然、満員御礼。

前述のTシャツ&手ぬぐいは、既に試合開始30分前に配布終了したらしい。

「先着2万人」なんて中途半端なことはしないで、ビジター外野席以外全員配布にすればいいのに。

 

f:id:giant_killing:20180920215703j:plain

第2打席はショートゴロ。

続く第3打席、低めのボールを上手く打ち、抜けた!というところをファーストの銀次が横っ飛びでキャッチ。1塁ランナーが戻れずにダブルプレーでチャンスが潰える。

空気読んでくださいよ、赤見内さん。 

 

f:id:giant_killing:20180920221625j:plain

9回裏、2アウト1塁で迎えた第4打席。球場中から「ふっくうら!」コールがこだまする。

雰囲気はまるで引退試合のよう。ホントの引退試合になったら球場はどうなってしまうのか。

相手ピッチャーは守護神の松井裕樹。昨年の井口のような同点ホームランを...という期待を持ったが、あえなく空振り三振でゲームセット。

 

f:id:giant_killing:20180920222037j:plain

どうも打線がつながらない。まあ、今シーズンの残りの楽しみは、勝ち負けではなく福浦の2000本だが。

9月の試合で負けても悔しくならないというのは実に情けない。

ただ、Tシャツ・タオル・タイムリーで、S指定席のチケット分以上の価値はあったので満足度は高い。

割れんばかりの大声援を受けてタイムリーを放つ。やはり福浦は「千葉の宝」だ。