競馬と鴎と僕と ~サラリーマン探訪~

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

3日間開催にトーセンアンバー&スワーヴリチャード登場

今日は幕張メッセのイベント取材から、午後は「舞浜ユーラシア」で温泉&岩盤浴

岩盤浴で2時間弱汗を流すとリフレッシュ効果は抜群。ただ、岩盤浴は最初はリフレッシュ目的で入るものの、最後は"己との戦い"になってしまう。

 

さて、今日は京都の数レースとJBCはレディスクラシックにPATで参加。結果は全敗。金額を控えめにしておいてよかった...。

 

今週はGⅠは小休止も重賞が目白押し。

今日はファンタジーS(京都)、土曜日は京王杯2歳ステークス(東京)、日曜日はアルゼンチン共和国杯(東京)とみやこステークス(京都)。

 

東京の両重賞に私の注目馬が登場。

 

f:id:giant_killing:20170612002423j:plain

京王杯には、新馬戦から追いかけ続けているトーセンアンバーが出走。

adayinthelife.hateblo.jp

adayinthelife.hateblo.jp

 

f:id:giant_killing:20170531235154j:plain

アルゼンチン共和国杯では、ダービーで◎を打ったスワーヴリチャードが秋シーズンの初戦を迎える。

adayinthelife.hateblo.jp

 

トーセンアンバーは、今回こそ「買い」だと思う。

前走のサフラン賞。4コーナーで最後方まで下がってしまったものの、そこから末脚を繰り出して3着に追い上げた。

サフラン賞の勝ち馬は、今後牝馬クラシック戦線で活躍するあろう逸材。500万下の割にメンバーがそろっていたレースで3着ならば上々と見る。

直線の長い東京コースに変わるのは間違いなくプラス。1400mへの距離短縮で脚がたまり、重賞でも馬券内に突っ込んでくる可能性は充分。

惜しむらくは鞍上。短期免許で来日のCデムーロが乗ること自体は歓迎だが、馬券的妙味はかなり薄れてしまう。

相手筆頭は人気のタワーオブロンドンと、新馬戦での末脚が良かったエンドシャイデン。3連複フォーメーションで。

 

一方のスワーヴリチャードは怪しいのでは。

調整が遅れ、菊花賞には間に合わなかった。状態面に未だ不安が残る上に56キロを背負わされての古馬相手では厳しい。上位人気が間違いないだけにここは軽視する。

 

アルゼンチン共和国杯の予想は明日するとして、これから土曜日(東京&福島)のレース予想に取り掛かる。

土日とも府中に参戦する予定。