競馬と鴎と僕と ~サラリーマン探訪~

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

最後の最後にパラデス劇場(10月9日 千葉ロッテ×オリックス@ZOZOマリン 観戦レポ)

f:id:giant_killing:20171011122413j:plain

今年のマリンでの試合もいよいよ最後。

9月のオリックス戦が雨で中止になり、体育の日に振り替えられたおかげで現地観戦が可能に。クライマックス以外で体育の日に野球観戦は記憶にない。

今年のポイント、今年のうちに。たまったMポイントを内野自由席のチケットに引き換えて、開門と同時にまずは1階3塁側で場所取り。

場所取り後はWBGのスタバでアイスコーヒーを飲みながら競馬予想をして時間をつぶす。3日間開催の最終日は東西メインの京都大賞典グリーンチャンネルカップを両方的中。京都大賞典3連単を買えなかったのは悔やまれるが...。

 

f:id:giant_killing:20171011123038j:plain

閑話休題

スタバの「one more coffee」と昼ごはんを買ってマリンへ戻るとちょうどスタメン発表。

4番福浦!いいねぇ。ただ、ファーストはパラデス。最終戦までパラデスを見るのかよ...(とこのときは思っていた)

 

f:id:giant_killing:20171011123906j:plain

f:id:giant_killing:20171011123928j:plain

こなつおば...お姉さんとMスプラッシュも、本日でひとまず見納め。彼女たちの冬の過ごし方は永遠の謎。別の仕事をしているのか?

 

f:id:giant_killing:20171011124157j:plain

そして、5年間マリーンズの指揮を執った伊東監督のマリンラストゲーム。福良監督は来期も続投だっけ。

 

f:id:giant_killing:20171011174849j:plain

先発の酒居がマウンドに上がり、試合開始。

 

f:id:giant_killing:20171012155307j:plain

ルーキーの酒居、球場で観るのは初めて。ストライク先行のピッチングが良い。

 

f:id:giant_killing:20171012155708j:plain

対するバファローズの先発は高卒ルーキーの山本由伸。

「由伸」という名前の人を監督のアノ人以外で見たのは初めて。こちらも序盤はまずまずのピッチング。

 

先制はバファローズ。岡崎にタイムリーを許す。

8番ショートでスタメンの岡崎大輔も高卒ルーキー。今夏の甲子園を制した花咲徳栄高出身。

おいおい、高卒ルーキーに軽くヒネられて今シーズン終わるのか...?

 

f:id:giant_killing:20171017103518j:plain

 今シーズン26個目の盗塁を決めた荻野貴司

今年の荻野はルーキーイヤー、2010年の輝きを思い出させてくれるプレーもあった。1年を通して出場し、20個以上の盗塁数は復活の証と言えるのでは。来年は2割7分以上での規定打席盗塁王を期待。

しかし、続く鈴木大地が凡退で無得点。

 

f:id:giant_killing:20171017104055j:plain

f:id:giant_killing:20171017104052j:plain

嫌な流れを吹き飛ばしたのは、なんとなんとパラデス!

ライトスタンドへ、打った瞬間にそれと分かる3ラン!

今シーズン最後にパラデスのホームランを生で観られるとは。しかも完璧な当たり。うーん、これを見ちゃうと(年俸次第で)来年も残したほうがいいような。チームの人員が変わり、日本野球に慣れた2年目で化ける可能性もある。

 

f:id:giant_killing:20171017104446j:plain

荻野貴司イムリーで4回裏に一挙5得点。試合は決まった。

 

f:id:giant_killing:20171017104633j:plain

 5回裏はまたもパラデス。タイムリーで6点目。

試合後半には守備でもファインプレーがあったパラデス。これをシーズン通して見せてくれよ。

 

f:id:giant_killing:20171017104920j:plain

 シーズン途中に彗星のごとく登場した「謎の魚」ともさようなら。なぜ人気が出たか、私は今でも分からないけど...。

「お世話になりました。」の文言は、「(今シーズン)お世話に」か、「(今まで)お世話に」なのか。後者ならもうマリンで会うことは無いのかも。

 

f:id:giant_killing:20171017120505j:plain

酒居は7回まで投げて1失点。ストライク先行、コントロール良し。

 

f:id:giant_killing:20171017170625j:plain

f:id:giant_killing:20171017170633j:plain

f:id:giant_killing:20171017170641j:plain

高卒ルーキーの後を継いだのは、岸田・比嘉・佐藤達也のリリーフ陣。

2014年の強かったバファローズを思い出す。あの頃はペーニャがバファローズにいた。たしかホークスとの天王山の試合で全然打てなかった。

 

f:id:giant_killing:20171017171622j:plain

ホークス→バファローズイーグルス→マリーンズ。フェルナンデスと並ぶパリーグの渡り鳥。

 

f:id:giant_killing:20171017171836j:plain

f:id:giant_killing:20171017171832j:plain

8回は松永、9回は関谷で逃げ切り。

 

f:id:giant_killing:20171017172014j:plain

f:id:giant_killing:20171017172047j:plain

マリン最終戦、完勝!

10号アーチに4打点。「パラデス劇場」で残留を決めたかな。

 

f:id:giant_killing:20171017172817j:plain

We are!にはなんとペーニャも参加。

 

f:id:giant_killing:20171017172432j:plain

f:id:giant_killing:20171017172424j:plain

レフトスタンドだけでなく、ライト側にも一礼するバファローズの選手たち。あっぱれ!球場中から拍手喝采。来年は一緒にAクラス行こう!

 

f:id:giant_killing:20171017172420j:plain

駿太、来年もよろしくな!

(ついこの間同い年だと知った)

 

f:id:giant_killing:20171017173011j:plain

そして試合後は最終戦セレモニー。

 

f:id:giant_killing:20171017174256j:plain

大地ー!ボールくれー!

3塁側内野自由席には投げず。

 

f:id:giant_killing:20171017174409j:plain

裏方さんを含め、全員が整列して伊東監督のスピーチ。

「すべて私の責任。早い時期にファンを失望させて申し訳ありませんでした」

しかし、5年間で3度Aクラスに導いた手腕にはあっぱれ。伊東監督にフラストレーションが溜まることはほとんど無かった。

今年は監督の手腕云々でどうにかなるものではなく、全てが悪かった。責任を取るのが監督の仕事ではあるけれど伊東監督がマリーンズを去るのは残念。

 

f:id:giant_killing:20171017174414j:plain

終戦を勝ち、終わりよければ...にはならないけど、伊東監督のマリンラストゲームを白星で飾ることができたのは本当に良かった。

伊東監督、5年間ありがとう!