競馬と鴎と僕と ~サラリーマン探訪~

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

新潟競馬 旅打ち 2  ラーメン二郎 新潟店へ

adayinthelife.hateblo.jp

 

昼間っからひとっ風呂浴びて気分爽快。

さあ、次は新潟グルメを満喫しよう。

 

f:id:giant_killing:20171106195429j:plain

ホテルから歩いて5分ほど、ラーメン二郎新潟店へ。

グルメの宝庫新潟。「旅の大事な一食を二郎に捧げていいのか...?」という葛藤?があったものの、店ごとに味が違う二郎も新潟しか食べられないという意味では、立派な新潟グルメ。ここ最近二郎とご無沙汰気味であったこともあり、初日の夕食は二郎にしようと早くから決めていた。

 

f:id:giant_killing:20171106195549j:plain

 新潟店、メニューはラーメンとぶた入りのみ。

つけ麺や汁なしのような派生メニューはないシンプルな構成。

 

f:id:giant_killing:20171106195524j:plain

ラーメン小の食券と黒烏龍茶を買って列に並ぶ。

店内の客は高校生が多め。なに、新潟の高校生は二郎を食っているのか。私が二郎の存在を知ったのは大学生になってからだぞ。(大学の近くに二郎があった)

この旅行最大の衝撃だったのは、前の女子高生2人組の会話。

「今日どうするー?」

「うーん、マシマシにしようかなあ」

JKが二郎にいるだけでビックリものなのに、マシマシだと!?

新潟のJK、どんだけ食がいいんだよ!?

彼女はコール注文時、ホントに「全マシマシ」を注文してワシワシ食っていた。新潟のJK、恐るべし。

 

f:id:giant_killing:20171106195454j:plain

 私は大人しく「ニンニク・アブラ」コールで注文。

おお、キレイな見た目だ。

ヤサイはシャキシャキ、麺もスープもインスパイアとは違う。ブタはトロトロ。

まさに本家本元の二郎、久しぶりの二郎は身体に沁みる。

 

f:id:giant_killing:20171106211015j:image

ホテルへの帰り道、コンビニに寄り道して競馬エイトと「もも太郎」を購入。

もも太郎は新潟ローカルの氷菓。サッパリのイチゴ味がコッテリした二郎を食べた後にピッタリ。

値段も60円くらい。安くてうまいもも太郎、新潟を飛び出して関東に来てほしい。

ミルク系よりシャーベットや氷菓のほうが好きな私は毎日のように買ってしまうかも。

 

 f:id:giant_killing:20171106211115j:image

 野球中継を観ながら、エイトを読みこんで明日のレース予想。

ビジネスホテルの一室で競馬新聞に没頭する時間はたまらない。

他のつまらんことを考えなくていい、とても贅沢な時間の使い方。

 

f:id:giant_killing:20171106211039j:plain

予想をあらかた済ませてから再び温泉に入り、風呂上がりにラーメン。

ドーミーイン名物の夜鳴きそば(深夜帯に食堂で無料提供されるハーフサイズの醤油ラーメン)を食べる。

これがなかなか侮れない。シンプルな醤油スープにネギ、シナチク、ノリ、ネギ。

そうそう、こういうのでいいんだよ、こういうので。

二郎を平らげた後でもスルスル食べられる。1日に2杯食べてしまった。

 

さて、明日からは新潟競馬場を満喫だ。

次回に続く。