競馬と鴎と僕と ~サラリーマン探訪~

プロ野球(千葉ロッテマリーンズ)、競馬、食べ歩き、銭湯巡りが好きなサラリーマンのブログ

春の東京開催最終日 ど・みそと耕一路で食べ納め 

f:id:giant_killing:20170627214716j:plain

春開催最終日の東京競馬場へ。

最終日だけあって、メインレースが手薄なオープン特別にもかかわらずスタンド座席は午前中で8割方埋まっていました。

残り150m地点、写真撮影とターフビジョンが見やすい場所に陣取ってから行動開始。

 

f:id:giant_killing:20170627214722j:plain

まずは腹ごしらえ。「ど・みそ」で特みそこってりラーメン。

浅草開化楼のプリプリ麺とコッテリスープの相性が抜群。身体に悪いなぁと思いつつ、つい完食してしまう。あぁ、なんと罪深き1杯か(笑)

麺をゆでるのに時間が掛かってタイミングによっては結構待つため、時間に余裕のあるときに行きましょう。

このど・みそ、本店が私の会社からすぐそこの場所にあるのを最近知りました。今度行ってみようかな。府中と本店で味の違いはあるのかね。

 

f:id:giant_killing:20170627215311j:plain

f:id:giant_killing:20170627215547j:plain

腹ごしらえの後は新馬戦のパドック

藤田菜七子騎手と戸崎圭太騎手。競馬場へ行くと1度は撮影しているような。

菜々子Jの凛々しい顔、戸崎Jのチンピラ顔のコントラストをお楽しみください。

 

f:id:giant_killing:20170627222453j:plain

f:id:giant_killing:20170627215614j:plain

芝1800mの新馬戦、私の本命モノドラマ(父:ホワイトマズル)は直線で大外から伸びるも5着まで。脚質的には広いコースの方が良いだろうけど、スローの上がり勝負になるとキレ負けしそうな感も。次が福島でも新潟でも信頼しにくいタイプで、馬券的には難しいところ。

 

f:id:giant_killing:20170627215941j:plain

8レース、再び私の本命が大外から強襲!

渾身の「田辺ー!差せー!!」も、プレシャスメイトは惜しくも4着。

そもそも1,2着を両方とも買っていなかったので、仮に3着に届いたとしても配当0円でしたが(苦笑)むしろ3着に届いていた方が悔しかったかも。

 

f:id:giant_killing:20170627214728j:plain

ここまでボウズ。悪い流れを変えるべく、甘いもので気分転換へ。

「耕一路」のモカソフト、甘すぎずコーヒーの味を感じられるオトナの味が楽しめます。競馬場スイーツの横綱

私と同じくボウズの流れを変えたい人が多いのか、あるいは食べ納めを画策する人が多いのか、店先にはメモリアルスタンドまで通じようかという行列が。耕一路は場外開催時はやっていないからね。

並んで買ったモカソフトは美味しさもひとしお。しかし、馬券のせいか、この日のモカソフトはいつもより苦く感じたのは気のせいか...。

 

f:id:giant_killing:20170627220655j:plain

「モカソフト効果」で宝塚記念を当てて、形勢逆転といきたいところ。

 

f:id:giant_killing:20170627220712j:plain

前日予想の通りレインボーラインから買いましたが、5着。

岩田がもう少しためて乗っていたら...それでも馬券内は厳しかったかな。

 

外からスイスイ伸びるサトノクラウンを尻目に、直線半ばでキタサンブラックがズルズル沈んでいく光景には思わず言葉を失いました。負けるにしても3着は外すまいと思っていたけど...。

道中は外枠でプレッシャーをかけられて、直線へ入るころは余力が全くなかったのでしょうか。原因は道中のレース運びに限らず、天皇賞をレコードで走った目に見えない疲れ(天皇賞2着のシュヴァルグランも大敗でした)があったのか。いずれにせよ私にとっては非常にショッキングな負け方であったと同時に、「競馬に絶対は無い」という格言を改めて痛感するレースになりました。

 

結局、この日は阪神の最終レースでようやく初的中。

収支は当然大赤字。同じく大負けした友人たちと、府中駅までのオケラ街道をトボトボ歩きましたとさ...。

 

夏競馬は、福島は七夕賞、新潟は新潟記念の週にそれぞれ1度ずつ参戦します。

府中の借りは夏競馬で返す。夏の旅打ち競馬、今から胸が躍るなあ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


競馬ランキング